ブログ

【ブロガーおすすめ】画像圧縮ツール「Squoosh」の使い方を紹介!!

こんにちは、タマです。

今回は画像圧縮ツールの「Squoosh」を紹介します。

Squooshとは

Squooshとは、GoogleChromeLabsで開発された無料画像圧縮ツールです。

ブラウザ上で簡単にファイルの圧縮を行うことができます。

ブログでは画像を利用する機会が多いと思いますが、大抵の場合はそこまで高画質なものは必要なかったりします。

むしろファイルサイズが大きいと読み込みに時間がかかったりするため、SEO対策として考えても画像のファイルサイズはできるだけ小さい方が良いでしょう。

そんなときにSquooshを利用することで簡単に画像を圧縮することができます。

Squooshのメリット

では、Squooshのメリットをいくつか紹介します。

対応フォーマットが豊富

Squooshは下記フォーマットに対応しています。

  • AVIF
  • Browser JPEG
  • Browser PNG
  • JPEG XL(beta)
  • MozJPEG
  • OxiPNG
  • WebP
  • WebP v2(unstable)

※ブラウザによってはGIFやBMPにも対応しているようです。

色々な拡張子があってややこしいですが、特にこだわりがなければデフォルトのままでOKです。

簡単に紹介すると、「MozJPEG」「OxiPNG」「JPEG XL」は従来のJPEGやPNGを高画質のまま容量だけを圧縮したフォーマットです。

また、「WebP」はGoogleが開発したフォーマットで、非可逆圧縮方法で圧縮しています。拡張子は「.webp」です。

画像形式圧縮方法透過アニメーション
WebP非可逆圧縮OO
JPEG非可逆圧縮XX
PNG可逆圧縮OX
GIF可逆圧縮O

主要ブラウザはどれもWebPに対応しており、今後はさらにWebPの導入が加速されることが予想されます。




安心のセキュリティ対策

Squooshはローカルで画像を圧縮・変換しているのでセキュリティ面でも安心して利用することができます。

Image compression is handled locally; no additional data is sent to the server.
Squoosh – Privacy

開発元がGoogleなのも安心材料の一つですね。

リアルタイムで画像変換

Squooshではリアルタイムに画像の状態を確認しながら圧縮率などを変えることができます。

圧縮率の数値だけでなく、画像の見た目でも比較できるのは良いですよね。

実際の使い方については後述します。

タマ
タマ
確認しながら変換できるのはとても便利だよ!



Squooshのデメリット

Squooshのデメリットは複数の画像を一括で処理できないことです。

仮に複数のファイルを選択したとしても1つだけしか処理されないため、一度に多くの画像を扱う方には不向きかもしれません。

ぴよ吉
ぴよ吉
ブログだったらそんなに多くの画像を扱うわけじゃないから大丈夫かな?

Squooshの使い方

Squooshはスマホでも利用できますが、今回はPCでの操作を前提に使い方を紹介します。

①サイトにアクセス

まずはサイトにアクセスしましょう。

こちらから移動できます。

②画像をアップロード

サイトにアクセスしたら圧縮したい画像をアップロードします。

編集したい画像を選択してドラッグ&ドロップしましょう。

なお、画面中央のアイコンをクリックすればファイル一覧から画像を選択することもできます。

※今回はこのブログ記事のアイキャッチ画像に使っている画像で解説します。

アップロードすると中央に縦線が表示されますが、これは左側がデフォルトの状態、右側が変換後の状態を示しています。




③ファイル形式を選ぶ

画面右下にある「Compress」のプルダウンメニューから、変換後のファイル形式を選択しましょう。

特にこだわりがなければデフォルトのままでOKです。

④画像をリサイズ

画像の大きさを変える場合は「Resize」と書かれているスイッチを切り替えて項目を展開しましょう。

必要に応じて数値を調整すれば簡単にリサイズできます。

なお、リサイズする必要のない方はこの手順を飛ばしてしていただいてOKです。




⑤画像の色数を調整

画像の色数を変える場合は「Reduce palette」と書かれているスイッチを切り替えて項目を展開しましょう。

色数を減らせば画像のファイルサイズを小さくすることができますが、そこまでいじる必要はないので基本的には無視していただいてOKです。

⑥画質を調整

画像の画質を変える場合は「Quality」と書かれているバーを左右に動かしましょう。

バーを動かすことでリアルタイムでファイルサイズがどの程度小さくなったのか、見た目はどう変わったのかを確認することができます。

今回は元画像のファイルサイズが38KBでしたが、変換後は13.5KBになりました。当然ながら画質はその分落ちますが、アイキャッチで使うような画像であれば問題ありません。

変換後の品質に問題がなければ右下にあるダウンロードアイコンからファイルをダウンロードしましょう。

使い方は以上になります。




まとめ

今回は簡単に画像を圧縮することのできるSquooshを紹介しました。

複数の画像を一括で処理できないのは少々不便ですが、1枚だけの編集であればとても便利なツールだと思います。

もし良いと感じたらぜひ皆さんも使ってください。

ABOUT ME
タマ
【学費自腹で借金640万円】貧乏人が経済的自由を目指す | 30歳までに資産2,000万円 | 社会人2年目 | 23歳 | 一人暮らし | つみたてNISA | 投資信託 | 米国株 | ブログ | 奨学金