ETF

Direxion社のレバレッジETF 39種類のデータをまとめました!

こんにちは、タマです。

今回はレバレッジETFで有名なDirexion社のブル型レバレッジETF 39種類のデータをまとめました。

記事内にExcel形式で埋め込んでいるので、フィルターをかけたり並べ替えをしたりと自由に使ってください。

ブログにExcelを埋め込む方法は下記記事を参考に。

【WordPress】ブログにExcelを埋め込む方法を解説!こんにちは、タマです。 今回はブログにExcelの表を埋め込む方法を解説します。 埋め込むとこのようになります。 ...

※この記事はスマホでは少し見づらいかもしれません。

ブル型レバレッジETF 39種類

 

  • 「Direxion ETF」5列目(設定年)まではDirexion社のHPより抜粋。
    2020年12月31日時点のデータ。
  • 「Direxion ETF」6列目(資産総額)から右列はBloombergより抜粋。
    2021年3月27日時点のデータ。
  • 「Direxion ETF」にある各リターンはトータルリターンのこと。
  • 「Information」の各データはDirexion社のHPより抜粋。
    構成銘柄やセクター比率、国別比率は2020年12月31日時点のデータ。
ぴよ吉
ぴよ吉
DirexionのレバレッジETFってこんなにあるんだ!
タマ
タマ
ベア型も含めるともっとあるよ!



Direxion レバレッジETFランキング

まとめたデータを元に色んなランキングを作成してみました。

運用年数が長いランキング
  1. SPXL(S&P500):12年4ヶ月 ※2008年11月5日設定
  2. TNA(小型):12年4ヶ月 ※2008年11月5日設定
  3. FAS(金融):12年4ヶ月 ※2008年11月6日設定
  4. ERX(エネルギー):12年4ヶ月 ※2008年11月6日設定
  5. TECL(テクノロジー):12年3ヶ月 ※2008年12月17日設定
資産総額が大きいランキング
  1. SOXL(半導体):44.88億USD
  2. FAS(金融):29.32億USD
  3. TNA(小型株):19.00億USD
  4. TECL(テクノロジー):18.61億USD
  5. SPXL(S&P500):18.29億USD



配当利回りが高いランキング
  1. RUSL(ロシア):6.05%
  2. ERX(エネルギー):1.95%
  3. JNUG(ジュニア金鉱);1.64%
  4. UTSL(公共):1.28%
  5. DRN(不動産):1.04%
年初来トータルリターンが高いランキング
  1. RETL(小売):110.95%
  2. DPST(地銀):105.20%
  3. GUSH(石油ガス):94.47%
  4. ERX(エネルギー):75.44%
  5. HIBL(ハイベータ):75.27%



3年トータルリターンが高いランキング
  1. TECL(テクノロジー):52.34%
  2. SOXL(半導体):48.20%
  3. RETL(小売):45.72%
  4. SPXL(S&P500):28.41%
  5. SPUU(S&P500):26.42%
ぴよ吉
ぴよ吉
改めて見るとレバレッジETFってやっぱりすごいね!

私のイチオシ レバレッジETF TOP3

最後に私のイチオシレバレッジETFを3種類紹介します。

※購入を推奨しているわけではありません。

1位 TECL
連動先テクノロジー
設定年2008年12月17日
3年リターン52.34%
5年リターン59.73%

第1位はハイテク銘柄に特化したTECLです。

緑:VOO、青:QQQ、黄:TECL

過去10年間のリターンは驚異の3,449%です。

通常、レバレッジETFは長期保有には向かない商品ですが、長期保有によって爆発的なリターンを叩き出しています。構成銘柄には世界を代表するハイテク銘柄が組み込まれているため、今後も期待できるイチオシETFです。

DirexionBloomberg




2位 SOXL
連動先半導体
設定年2010年3月11日
3年リターン48.20%
5年リターン82.60%

第2位は最近何かと話題になる半導体に特化したSOXLです。

緑:VOO、青:QQQ、黄:SOXL

過去10年間のリターンはTECLを上回る4,131%です。

コロナショックで大暴落しましたが、その後の回復が凄まじくあっという間に前回高値の2倍以上になってしまいました。半導体は私たちの生活に必要不可欠な存在なので、これまで以上に大幅な成長が期待できるかもしれません。

なお、2位にした理由は半導体にはシリコンサイクル(供給不足→設備増強→供給過剰→投資抑制→供給不足)があるため、投資タイミングによってはパフォーマンスが大幅に悪化する可能性があると考えたからです。

DirexionBloomberg




3位 SPXL
連動先S&P500
設定年2008年11月5日
3年リターン28.41%
5年リターン33.52%

第3位はS&P500に連動するSPXLです。

緑:VOO、青:QQQ、黄:SPXL

過去10年間のリターンは1,227%で、通常のS&P500に投資をしたときよりも3倍以上のリターンを叩き出しています。

レバレッジETFは下落相場や横ばい相場には弱いですが、S&P500という指数はプラスになる年のほうが多いので、下落したときにコツコツ仕込むことができればこれ以上のパフォーマンスが期待できるかもしれません。

【S&P500】年平均成長率7%の落とし穴!過去51年分のデータを使って調べてみた!こんにちは、タマです。 皆さんはS&P500の年率を計算するときは何%で計算していますか? 過去のデータを見るとS&...

王道のS&P500に連動したレバレッジETFはやはり魅力的ですね。

DirexionBloomberg




まとめ

今回はDirexion社のレバレッジETFを紹介しました。

レバレッジETFについては様々な意見があるかと思いますが、私はリスクをしっかりと理解した上で投資するのであればアリだと思っています。

ぜひ皆さんも検討してみてください。

ABOUT ME
タマ
【学費自腹で借金640万円】貧乏人が経済的自由を目指す | 30歳までに資産2,000万円 | 社会人2年目 | 23歳 | 一人暮らし | つみたてNISA | 投資信託 | 米国株 | ブログ | 奨学金