ETF

【レバレッジETF】情報技術セクター連動のTECLを調べてみた!

ぽんこつぼーいタマです。

今回はハイテク系のレバレッジETFであるTECLについて調べてみました。

TECLとは

正式名称は「Direxion Technology Bull 3x Shares ETF」です。

こちらはテクノロジー・セレクト・セクター指数の日々の値動きの3倍を目指すETFです。この指数はソフトウェアサービスや情報技術、通信機器、半導体などで構成されているため、ハイテク系のレバレッジETFです。

  • 運営元:Direxion社
  • 経費率:0.95%
  • 設定年:2008年12月17日

同じくハイテクセクターに特化したETFであるVGTは経費率が0.10%です。それを考えると少し高いですが、こちらはレバレッジETFなので妥当なところでしょうか。

S&P500に連動したレバレッジETFであるSPXLと同じ経費率です。

組入銘柄

公式サイトで組入銘柄を確認してみます。

誰もが知っている有名企業がずらりですね。今後も期待できる銘柄がたくさん組み込まれている感じがします。

Bloombergで確認すると少し変わっていますね。公式サイトのデータは2020年3月のものなので、入れ替わりがあったようです。

どちらにせよハイテク特化のレバレッジETFだということがわかります。

パフォーマンス

普通のハイテクETFであるVGT、S&P500連動のレバレッジETFであるSPXL、そしてTECLで比較してみます。

 3ヶ月3年5年
VGT33.54%24.28%20.87%
SPXL48.75%7.07%12.85%
TECL73.00%38.97%40.12%

どれも素晴らしいパフォーマンスですが、ハイテク系はやはりすごいですね。特にTECLはとんでもないハイパフォーマンスを叩き出しています。

個人的にハイテク銘柄は今後も大きく伸びると思っているので、TECLは非常に魅力的に感じました。

こちらは5年間の比較です。緑がVGT、青がSPXL、黄がTECLです。

チャートからわかるように、TECLのボラティリティが半端ないです。ポートフォリオの一部に組み込むと面白そうな銘柄です。

TECLのメリット

メリット1.資金効率

こちらはレバレッジETFのメリットですね。SPXLと同様に少ない資金で大きなリターンが狙えます。

メリット2.ハイテク連動ETF

こちらはハイテク特化ETFのVGTと、S&P500連動ETFのVOOを比較したものです。緑がVGT、青がVOOとなります。

チャートからわかるように、世界最強指数のS&P500を上回るパフォーマンスを叩き出しているのがハイテクなんです。また、コロナショックからの回復も早く、早速最高値を更新していきました。

この強すぎるハイテクセクターに連動しているのですから、TECLだって強いに決まっているんですよね。

TECLのデメリット

デメリット1.リスクが高い

レバレッジETFなのでリスクは高いです。チャートを見るとわかるように、暴落したときの勢いは半端ないです。自分のリスク許容度と相談する必要があります。

デメリット2.長期保有で乖離しやすい

これもレバレッジETFのデメリットです。日々の値動きの3倍を目指しているので、最終的なリターンが3倍になるわけではありません。

デメリット3.取引タイミングが難しい

レバレッジETFは短期向けの商品なので、ある程度の技術が求められます。

しかし、これだけのパフォーマンスを叩き出しているので、長期投資でもいいかもしれないですね。これはそれぞれの考え方次第ということで。

まとめ

ハイテク特化のレバレッジETFにTQQQという優秀なものがあるのですが、日本から購入できないんです。なのでハイテク特化レバレッジETFを考えると現状はTECLのみです。

それでもパフォーマンスは素晴らしいので、ポートフォリオに組み込むのも良さそうです。

※この記事のデータは6月15日時点のものです。

ABOUT ME
タマ
【学費自腹で借金640万円】貧乏人が経済的自由を目指す | 30歳までに資産2,000万円 | 社会人2年目 | 23歳 | 一人暮らし | つみたてNISA | 投資信託 | 米国株 | ブログ | 奨学金