ETF

【TECL・SOXL】レバレッジETFが株式分割!新たな投資戦略を考える!

こんにちは、タマです。

レバレッジETFのTECLSOXLが株式分割することになりました。

株式分割

TECLとSOXLが株式分割を行うようです。

株式分割とは?

株式分割とは、発行されている株式を決められた株数に分割することです。例えば1株を2株に分割した場合、株数は2倍になりますが株価は半分になるため、株式の価値は変わりません。

TECL:1株を10株に分割

SOXL:1株を15株に分割

権利落ち日が2021年3月2日、新株売却可能日が2021年3月3日です。

この分割によってどちらも数十ドル程度で購入できるようになるので、かなり購入ハードルが低くなります。

株式分割では株式の価値は変わりませんが、購入しやすくなったことで一時的に値上がりする可能性は十分考えられます。ただし、どちらもレバレッジETFなのでそれなりのリスクがあります。

TECLとSOXL

TECLとは

正式名称は「Direxion Technology Bull 3x Shares ETF」です。

テクノロジー・セレクト・セクター指数の値動きの3倍を目指すETFになります。この指数はコンピュータや周辺機器、ソフトウェア、情報技術サービスなどの業種に属する企業から構成されるハイテク銘柄指数です。

なお、同指数に連動するETFとしてはXLKというステート・ストリート社のETFがあるので、理論上はこのETFの日々の値動きの3倍になるはずです。

  • 運営元:Direxion社
  • 純資産額:19.80億USD
  • 配当利回り:0%
  • 経費率:0.95%
  • 設定年:2008年12月17日

業種別構成比率

業種構成比率
Software31.11
Technology Hardware, Storage & Peripherals25.39
IT Services19.90
Semiconductors & Semiconductor Equipment18.55
Communications Equipment2.88
Electronic Equipment, Instruments & Components2.16

※2020年12月31日時点

構成銘柄

銘柄構成比率
Apple24.27
Microsoft19.24
Visa4.24
Nvidia3.70
Mastercard3.59
PayPal3.14
Adobe2.75
Intel2.34
Salesforce.com2.33
Cisco2.16

※2020年12月31日時点

上位10銘柄で全体の7割近くを占めています。特にAppleとMicrosoftの偏りが大きいです。

Direxion:TECL




SOXLとは

正式名称は「Direxion Daily Semiconductor Bull 3x Shares ETF」です。

フィラデルフィア半導体株指数の値動きの3倍を目指すETFになります。こちらは半導体銘柄に特化したレバレッジETFです。

  • 運営元:Direxion社
  • 純資産額:30.27億USD
  • 配当利回り:0.04%
  • 経費率:0.95%
  • 設定年:2010年11月3日

構成銘柄

銘柄構成比率
Broadcom Limited8.33
Qualcomm7.91
Intel7.87
Texas Instruments7.77
Nvidia7.44
Micron Technology4.48
Taiwan Seminductor4.29
Analog Devices4.06
Applied Material4.00
Lam Research3.98

※2020年12月31日時点

上位10銘柄で約60%を占めています。TECLと比べると上手く分散されているように見えます。

Direxion:SOXL




TECLとSOXLのパフォーマンス

株式分割によってTECLとSOXLの購入単価が下がることで、ポートフォリオに組み込みやすくなります。そこで、これらのレバレッジETFのパフォーマンスを比べてポートフォリオに組み込むべきかどうかを検証したいと思います。

私自身はレバレッジETFのリスクについて上手く解説できないため、今回はTECLとSOXLの過去のパフォーマンスを中心に紹介していきます。投資すべきかどうかは各自で判断してください。

今回は下記5つのETFを用いてパフォーマンスを比較してみたいと思います。

  • VOO:S&P500
  • XLK:ハイテク
  • SMH:半導体
  • TECL:ハイテクブル3倍
  • SOXL:半導体ブル3倍

検証① 10年間の比較

まず最初の検証は10年間のパフォーマンス比較です。

2011年2月1日から2021年2月1日で比較してみます。

緑:VOO、青:XLK、黄:SMH、黒:TECL、赤:SOXL

銘柄Total Return(%)Volatility(%)Max Drawdown(%)
VOO253.617.4-34.0
XLK487.820.5-31.1
SMH667.925.4-33.6
TECL3,160.460.9-75.1
SOXL3,584.078.7-80.4

この結果からわかることは次の通りです。

  • パフォーマンスは半導体、ハイテク、S&P500の順で良い
  • 通常のETFよりもレバレッジETFのほうがリターンが大きい
  • レバレッジETFはボラティリティが大きい
  • レバレッジETFは-70%以上も下落した過去がある

10年間でこれだけのパフォーマンスを発揮するレバレッジETFは魅力的ですが、やはり暴落時の下落幅の大きさには驚いてしまいますね。

これだけ見ると「レバレッジETFすごい!」となってしまいますが、よく見るとXLKやSMHもとても優秀です。S&P500連動ETFにハイテクETFや半導体ETFを組み込んでみる価値は十分ありそうですね。




検証② コロナショック後の比較

次はコロナショックがあった2020年の1年間のパフォーマンス比較です。

緑:VOO、青:XLK、黄:SMH、黒:TECL、赤:SOXL

銘柄Total Return(%)Volatility(%)Max Drawdown(%)
VOO18.334.4-34.0
XLK43.640.2-31.1
SMH55.544.2-33.6
TECL69.44116.5-75.1
SOXL70.0131.3-80.4

10年で比較したときよりも暴落後に上昇したときの動きがわかりやすいですね。今回のコロナショックでは大きく下落しましたが、その後大幅な回復を果たしたので最終的なリターンは他のETFよりも優れています。

確かにハイリスクな商品であることには変わりないですが、投資先(ここではハイテクと半導体)の成長が期待できる場合は仮に暴落してもその後の回復によって大きなリターンを得ることができるかもしれません。

検証③ 追加投資ありの比較

ここまでの検証では初期投資のみの比較だったので、次は毎月一定額を追加投資する場合の比較を行います。

先ほどまで使っていたツールとは別のツールを使うので、再度初期投資のみの比較を示します。

初期投資のみ

  • 検証銘柄:VOO、TECL、SOXL
  • 検証期間:2011年2月〜2021年2月
  • 初期投資額:$10,000
  • リバランス:なし
  • 配当金・分配金:再投資

青:VOO、赤:TECL、黄:SOXL

銘柄初期投資額最終投資残高年平均成長率標準偏差最高パフォーマンス(1年)最低パフォーマンス(1年)最大ドローダウンシャープレシオソルティノレシオ
VOO$10,000$35,33013.45%13.51%32.39%-4.50%-19.58%0.961.57
TECL$10,000$318,88741.37%51.04%185.57%-26.73%-56.62%0.931.61
SOXL$10,000$353,31042.83%66.17%231.85%-57.00%-65.83%0.871.51



追加投資あり

  • 検証銘柄:VOO、TECL、SOXL
  • 検証期間:2011年2月〜2021年2月
  • 初期投資額:$10,000
  • 追加投資:$1000/月
  • インフレ調整:あり
  • リバランス:なし
  • 配当金・分配金:再投資

青:VOO、赤:TECL、黄:SOXL

銘柄初期投資額最終投資残高年平均成長率標準偏差最高パフォーマンス(1年)最低パフォーマンス(1年)最大ドローダウンシャープレシオソルティノレシオ
VOO$10,000$304,33340.71%13.45%32.39%-4.50%-19.58%0.961.57
TECL$10,000$2,076,99170.51%41.37%185.57%-26.73%-56.62%0.931.61
SOXL$10,000$3,427,75779.27%42.83%231.85%-57.00%-65.83%0.871.51

 

レバレッジETFの年平均成長率がとんでもない数字になっていますね。

レバレッジETFは長期保有には向かないですが、それでもこれだけのハイパフォーマンスならポートフォリオの一部に組み込んで長期保有するのも面白そうです。仮に今後も同じようなパフォーマンスが叩き出せるとしたら、かなり早い段階でセミリタイア達成できそうです。

レバレッジETFに集中投資するのはかなり危険なのでおすすめできませんが、ハイテクセクターや半導体セクターはこれからも大幅な成長が期待できる注目分野なので、その分野にレバレッジをかけて投資をするのはそこまで悪い選択肢ではないのかなと感じています。

タマ
タマ
保有しているSMHをSOXLに乗り換えることを検討中…

まとめ

  • TECLとSOXLが株式分割
  • レバレッジETFはハイリスクハイリターン
  • TECLとSOXLの投資先セクターは今後も期待できる

最終的には自分のリスク許容度と相談になりますが、ハイテクセクターや半導体セクターが今後伸びると考えている方は、レバレッジETFの活用を検討してみても良いかもしれません。

ABOUT ME
タマ
【学費自腹で借金640万円】貧乏人が経済的自由を目指す | 30歳までに資産2,000万円 | 社会人2年目 | 23歳 | 一人暮らし | つみたてNISA | 投資信託 | 米国株 | ブログ | 奨学金