個別株

【LINE証券】株が7%OFFで買える!?

ぽんこつぼーいタマです。

LINE証券がとんでもないサービスをやっています。

LINE証券

ほとんどの方が利用しているであろうメッセンジャーアプリのLINEが2019年8月に開始したサービスです。

スマホでの取引に特化したスマホ証券と呼ばれる業者の一つです。


LINE証券の強み

そんなLINE証券の強みをいくつか紹介します。

  1. スマホでかんたん取引
  2. 少額投資が可能
  3. 価格がわかりやすい
  4. かんたん口座開設
  5. 平日21時まで即日注文・即時約定可能


スマホで簡単取引

LINE証券はLINEのアプリ内にある機能の一つなので、他のアプリをインストールする必要はありません。したがって、普段使っているLINEアプリで投資が行えます

タマ
タマ

LINEアプリはみんな使っているよね!


LINEアプリのウォレットから「証券」を押すだけでLINE証券ページに移動し、銘柄検索や前日比率ランキングなどを見ながら買付できます。

銘柄画面にはチャートや業績、ニュースなどが掲載されています。

少額投資が可能

通常、株を買う場合は単元株である100株単位で購入することになりますが、LINE証券では単元未満株として1株単位で買付できます。

銘柄も日本の有名企業が多数あり、1口単位で取引できる国内ETFや100円から投資できる投資信託もあります。

数百円から投資ができるので初心者でも始めやすいです。

価格がわかりやすい

LINE証券では取引手数料をわかりやすくするため、手数料(スプレッド)が含まれた価格で取引を行います。

したがって、表示されている金額しかかからないため、初心者でもわかりやすいです。

 注意点!

LINE証券は証券取引所を介さず、相対取引を行っています。つまり、LINE証券が買っている株を購入者に売ったり、買い取ったりしているというわけです。そのため、スプレッドという販売手数料のようなものを上乗せしています。取引手数料とは異なるので注意です。


かんたん口座開設

LINE証券の口座開設は本人確認書類と顔写真の撮影のみで完了します。また、最短翌営業日から取引が可能となります。

手順に従ってやれば初心者でも簡単に口座開設できます。

平日21時まで即日注文・即時約定可能

取引時間に購入できなくても大丈夫。LINE証券では平日21時まで購入できます。

特に少額投資が可能なため、仕事終わりに株をポチッと購入してみるのもありです。

LINE証券のイマイチポイント

LINE証券のデメリットは以下のとおりです。

  1. 購入できる金融商品が少ない
  2. NISAなどのサービスがない
  3. 初心者以外は特にメリットを感じられない
  4. スプレッドが高い場合がある


まだサービスが開始してからそんなに経っていないため、イマイチなところはありますね。しかし、日本一のメッセンジャーアプリであるLINEが提供するサービスですから、今後改善していくでしょう。


株が7%OFFで買える!?

では本題に入りましょう。

タイトルにもあるように株が7%OFFで買えてしまうという衝撃のキャンペーン中です。



LINE証券では12/5(木)から12/26(木)までの毎週火曜と木曜に株が最大7%OFFで買えるタイムセールを行っています。

追記:2020年4月現在も不定期で開催されています。


毎週火曜と木曜だけなので7回しか行われません。またこの記事を投稿する頃にはすでに終わっている回もありますね。

タイムセールの流れは以下のとおりです。

当日15時~ 対象銘柄が発表

17時~ タイムセール開始

19時  タイムセール終了

21時~ 約定&ポートフォリオ反映



最大7%OFFと表記されている理由は対象銘柄全てが7%OFFではないからです。対象銘柄は3%,5%,7%のいずれかの割引価格で購入できます。(※割引率はランダムで決定)

また、購入できる株は1銘柄のみであり、最大10株まで購入できます。

毎回5銘柄選定されるので、その中から選ぶことになります。

ほぼ勝ち確

このタイムセールの何がやばいってほぼ勝ち確なんです。

だって7%OFFで買うということは、購入時点で7%の利益がもらえることになるのですから。

もちろん何があるかわからないので、売るまでの間に株価が落ちる可能性はあります。そのため、どの銘柄を買うかの見極めは重要になりますが、購入した時点で7%得られるのはすごいです。

上手く使いこなせば簡単にお小遣いが稼げていまいますね。

まとめ

今後もいろいろなキャンペーンをやってくれるであろうLINE証券。

LINEポイントで購入することも可能なので、気になった方は是非口座開設を。

ABOUT ME
タマ
【学費自腹で借金640万円】貧乏人が経済的自由を目指す | 30歳までに資産2,000万円 | 社会人1年目 | 23歳 | 一人暮らし | つみたてNISA | 投資信託 | 米国株 | ブログ | 奨学金