毎月の資産を大公開!

学費自腹の私が入社4ヶ月で資産100万円を達成できた理由

日常
スポンサーリンク

ぽんこつぼーいタマです。

7月9日、人生初の資産100万円を達成しました。

100万円という数字自体は大したことないのですが、私の場合は大学に関するお金が全て自腹だったので、その環境で作った100万円には大きな意味があると思います。

今回は、そんな私がどうして入社4ヶ月で100万円達成できたのかについて書いていきます。

スポンサーリンク

学費自腹の大学生活

まずは私の大学生活について触れておきます。

私は私立理系大学卒です。理系なので学費だけでも600万円近くかかります。学費が自腹と書いていますが、実際は大学に通うためにかかるお金全て自腹です。

代表的なものとしては、

  • 学費
  • 交通費
  • 昼飯代
  • 教科書代
  • PC購入費

などです。

なお、実家通いだったので、生活費はかかっていません。

学費なんて払えない

高校を卒業したばかりの私が600万円の学費なんて払うことはできず、また在学中に稼ぐのもほぼ無理です。したがって、学費は全て奨学金で賄いました。

社会人となった今、奨学金640万円抱えている状況です。

それ以外

他の支出はアルバイトで稼いで払っていました。交通費だけでも月1.5万円かかっていたので、全部含まえると最低月3万円は必要です。

当然ながら、遊ぶためのお金はこれとは別に稼ぐ必要があるので、毎月ある程度の収入がないと厳しいという状況です。

入社4ヶ月で資産100万円

では、学費自腹の私がどうやって入社4ヶ月で資産100万円作ったのでしょうか。

お金はそもそも貯まるもの

お金を貯めるときに何か特別なことをしなきゃいけないと考えている人がいますが、それは間違いです。お金は貯まるのが普通なんです。

収入があればお金は貯まる

毎月一定の収入がある人はお金が貯まっていくはずです。冷静に考えれば当たり前の話ですよね。収入がある人はどんな状況の人でも一時的に資産が増えます。例えば給料日とか。このお金が減るのはお金を使っているからです。つまり、貯まるのが普通であって、減るのが特別なんです。

これがわかるとあとは簡単ですよね。お金を使わなきゃいいんです。

私は自分でできる範囲の節約を心がけました。これは社会人になってからではありませんよ。大学生の頃からです。

卒業時点で約50万円の資産

私は大学を卒業した2020年3月時点で約50万円の資産がありました。

私の稼ぎ方

私はできるだけ少ない時間でそこそこ稼げるアルバイトに取り組んでいました。

具体的に言うと、深夜帯のスーパーの品出しバイトです。

通いやすく、そこそこ稼げるバイトとしてこちらを選びました。時給が1,500円近くあったので、深夜で6時間くらい入るとそれだけでも結構な稼ぎになります。これで月10万円前後です。

4年間ずっとこのバイトをしていたわけではありませんが、これをある程度続ければ私のような自腹人間でも大学に通うことができます。

タマ
タマ

深夜のバイトだから睡眠時間はほとんどなくなるけどね…。

今考えるとかなりハードな働き方なので、おすすめはしません。

ここに、上記で触れた節約を組み合わせることでお金が貯まっていく状態を作り出せるのです。

入社後の貯金

残りの50万円は社会人になってから作りました。厳密には40万円です。10万円はコロナの特別給付金なので。

入社4ヶ月と言っていますが、給料は4月、5月、6月の3回分です。したがって、40万円を3ヶ月で貯めたことになるので、月13.5万円貯金していたことになります。これはそこまで難しい数字ではないと思います。

上記でも触れたように使わなきゃ貯まるお金です。私は手取りで18万円くらいあるので、ギリギリの生活というわけではありませんでした。

まとめ

100万円という資産を作るのは決して簡単ではないですが、難しくもないと思います。収入と支出のバランスをしっかりと管理すれば誰でも達成できるラインです。

中には私よりも厳しい環境に置かれている人もいると思いますが、私もここで紹介したところ以外にも大変なことはたくさんありました。マイナス面だけを気にしていてもプラスになることはありませんので、自分で自分のお金を管理して資産を作っていきましょう。

私は30歳で資産2,000万円を目指して取り組んでいるところなので、応援していただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました