大学

【奨学金】奨学金の利息!利息で怯える必要なし!(奨学金破産についても)

ぽんこつぼーいタマです。

今回は奨学金の利息について考えてみます。

日本学生支援機構の奨学金

多くの大学生が利用している日本学生支援機構の奨学金は貸与型であるため、実質は学生ローンとなっています。

特に、第二種奨学金は有利子なため、利息が発生します。

普通に考えれば利息なんて払いたくないですから、第一種奨学金を選びたいところです。

タマ
タマ

俺は第一種と第二種の併用貸与だぜ!

  • 第一種奨学金 ⇒ 無利子
  • 第二種奨学金 ⇒ 有利子
  • 入学時特別増額貸与奨学金 ⇒ 有利子


奨学金の利率

日本学生支援機構の奨学金の利率は最大でも3%と決まっています。

どれだけ国内の市場金利が上がっても、利息が3%を超えることはありません。

私の場合(奨学金640万円)を想定して計算してみます。

 条件

  • 第二種奨学金の貸与額は3,840,000円
  • 利率は3%固定
  • 20年で返済


これで計算すると以下のようになります。

  • 毎月の支払額(第二種のみ):約21,300円
  • 利息の総支払額:約1,270,000円

この場合、20年で約770万円もの奨学金を返済しなければいけなくなります。

当然ながら、貸与額が増えるほど利息分も増えていきます。

利率の現実

それなら、これだけの利息を払わないといけないのかと言われると、答えはNOです。

なぜなら利息3%は最大値であり、3%固定というわけではないからです。

日本学生支援機構のHPから利率を確認してみると、令和元年度の貸与利率は利率固定方式で0.070%、利率見直し方式で0.002%となっています。
日本学生支援機構


では、改めて利率0.070%の場合について計算してみます。


 条件

  • 第二種奨学金の貸与額は3,840,000円
  • 利率は0.070%固定
  • 20年で返済


これで計算すると以下のようになります。

  • 毎月の支払額(第二種のみ):約16,100円
  • 利息の総支払額:約28,000円

利息の総支払額は約28,000円です。

20年かけてこの額ですから、奨学金の利率は非常に低いことがわかります。

タマ
タマ

この程度ならほぼ無利子!!


これはたまたまではなく、2014年以降に利率が1%を超えたことはないです。

また、利率固定方式と利率見直し方式のどちらが良いのかという問題がありますが、どちらとも言えません。

ずっと固定か、変動するリスクがあるか、自分で判断しましょう。

私は貸与額が大きいことと20年かけて返済することから、利率固定方式を選択しています。

利息よりも大事なこと

上記より、奨学金の利率は非常に低いことがわかりました。

この程度であれば、少し節約するだけで簡単に確保することのできる金額です。

しかし、それよりも気にしなければいけないことがあります。

それは返済額が減ることはないということです。

日本学生支援機構の奨学金には減額返金制度があり、毎月の返済額を減らすことができますが、返済期限が延長されるため、元金や利息が減ることはありません。

一方、本人が死亡した場合や精神・身体の障害により働けなくなった場合は免除になるケースもありますが、こうなったときは奨学金以前の問題ですよね。

つまり、返済額は減らないということです。

タマ
タマ

借りたんだから減るわけないよね…

人生設計

奨学金の返済において重要なのは、しっかりと自分の人生設計を考えるということです。

22歳で就職したとしても42歳まで払い続けることになります。

42歳になるまでの間には結婚や出産、車や家の購入等、数多くのイベントがあるのではと想像できます。

したがって、小さな利息の額を気にするよりも、自分の収入と支出がどのくらいで、どういう生活をすれば無理なく返済できるのかを考える必要があるわけです。

そうなると、これからの人生で何にどの程度のお金がかかるのか把握しなければいけません。

例えば税金や保険など。

これらの知識は学んで無駄になるものではないのですから、積極的に吸収していきたいところです。

奨学金で破産

少し前にも話題になりましたが、奨学金が払えずに自己破産してしまう人が少なくないようです。

「就職さえできればもう安心」

以前とは雇用環境も変化しているわけですから、そう簡単な話ではなくなってきているのかもしれません。

ですが、この問題は奨学金が問題ではないと思うのです。

平成29年度奨学金の返還者に関する属性調査結果より、延滞者(3ヶ月以上延滞している者)の延滞理由等を調べてみます。
平成29年度奨学金返還者に関する属性調査結果

延滞が始まった理由(きっかけ)(あてはまるもの全て選択)

  • 家計の収入が減った : 67.8%
  • 家計の支出が増えた : 40.2%
  • 入院、事故、災害等 : 19.9%
  • 忙しかった : 13.9%


延滞が継続している理由(あてはまるもの全て選択)

  • 本人の低所得 : 64.4%
  • 延滞額の増加 : 45.0%
  • 本人の借入金の返済 : 29.3%
  • 本人が失業中 : 24.4%

※詳細はこちら

当然ながら、奨学金の返済義務があるからこそ、返せなくなった場合に破産してしまうわけですが、上記理由を見ると必ずしもそうなるわけではなさそうです。

本人の努力次第ではどうすることもできないこともあるでしょうが、そもそも努力したの?って話です。

収入を増やす努力、支出を減らす努力、そもそも奨学金について知る努力など。

タマ
タマ

延滞者で返済の猶予制度を知ったタイミングは半数以上が延滞督促を受けてから! 自分の借金のことなのに知らなすぎる!!


私にも同じく奨学金を借りていた友人がいましたが、奨学金の文句を言う割には授業に遅刻してばかりでした。
勉強もしないし、就活も遅いし。

果たして延滞している方は大学生の間に何をやっていたのでしょうか。

奨学金は未来の自分が払うのですから、何もせずに遊んだ結果こうなるのは当然の流れです。

そもそもそのような人は奨学金を使ってまで進学する必要があったのか疑問です。

まとめ

皆さん、奨学金に怯える必要はありません。

我々のような貧乏人を救ってくれる救世主のような存在です。

気にするべきことは奨学金ではなく、自分自身!

奨学金貸与中に自分がどの程度頑張れるのか、卒業後にどの程度頑張れるのか、しっかりと考えましょう。

ちなみに、私は640万円の奨学金返済と資産づくりの両方を同時にやっていきます。

興味のある方はTwitterのフォローなど、よろしくお願いします。

ABOUT ME
タマ
【学費自腹で借金640万円】貧乏人が経済的自由を目指す | 30歳までに資産2,000万円 | 社会人1年目 | 23歳 | 一人暮らし | つみたてNISA | 投資信託 | 米国株 | ブログ | 奨学金