大学

奨学金640万円の大学生活

ぽんこつぼーいタマです。

今回は奨学金640万円借りている私の大学生活についてお話します。

奨学金640万円

私は日本学生支援機構の第一種奨学金と第二種奨学金を併用貸与しています。

第一種奨学金:54,000円

第二種奨学金:80,000円

合わせると総額6,432,000円になります。

奨学金は全て大学の学費に充てています。

私立理系大学なので学費だけで600万円かかるんですよね。

約40万円は残る感じです。

私の大学生活

奨学金は卒業後に返済するものなので「借金でやばい!」という感覚はないです。

また、「バイトをしないと学費が足りない!」なんてこともないです。

そうならないように学費を全額賄える額を借りています。



ただそれ以外の出費も全て自己負担なんです。

実家暮らしなので家賃などはかかりませんが、交通費や食費といった費用は自分で払います。

収入

時期によって差がありますが、およそ月60,000円ほどアルバイトで稼いでいました。

長期休みのときは10万円前後ですね。

しかし、アルバイトを辞めて働いていなかった時期もあるので4年でみるとそんなに稼いでないです。

支出

私の毎月の支出としては以下のものが挙げられます。

  • 交通費
  • 食費
  • 教科書代
  • 交際費
  • その他

上記リストの項目は全て自己負担です。

ほとんどアルバイトで賄っています。

交通費

家から大学までが遠いので毎月15,000円ほどかかっていました。

遊びに行く場合の交通費はこれとは別にかかります。

交通費で月30,000円かかったこともあります。

食費

大学で食べる昼ごはん代ですね。

カップ麺やパン、おにぎりなどで節約していました。

だいたい1食200円前後ですね。


しかし、毎日そんな飯だとさすがにキツイので、たまに500円くらいかけていました。

月で考えると6,000円くらいです。

教科書代

そのときによって大きな差がありますが、必要なときに必要なだけ買う感じです。

年間の出費としてはさほど大きくないですが、1回あたりの出費としては大きいです。

中古本を使ったり友達から借りたりして節約しました。

年間20,000円くらいです。

交際費

遊ぶ金です。

だいたい20,000円前後です。

交際費を節約するのは辛いですが、この交際費で毎月の出費を調整していました。

その他

私はコンタクトレンズを使用しているので、その出費があります。

月3,000円くらいですね。


他の雑費も含めて5,000円くらいかかっていました。

支出総額

約50,000円です。

もちろん超えることもありますし、少ないときもあります。

学生生活を振り返ってみて

金銭的余裕があったわけではないので、大変な時期はありました。

それでもアルバイトをしながら通うことはできましたし、それによって単位を落とすこともなかったです。

理系大学は出席しないといけない授業が多かったり、実験のレポート作成などに時間を取られるのがキツイですね。

もっとアルバイトをする時間があればお金の余裕もあったと思います。

まとめ

私の学生生活について書いてきましたが、奨学金はほとんど影響していないことがわかります。


奨学金 + バイト で学費を払う

という人もいるようですが、私のように学費を全て奨学金で賄うという方法もありだと思います。

やはりバイトをしないと学費が支払えないという状況で勉強するのは嫌ですからね。

バイトだって月2,3万くらいなら数日で稼げるので必要最低限(交通費など)はなんとかなります。


640万円の借金を背負っても普通の大学生と同じような生活は十分できますよ。

重要なのは卒業後です。

https://p-boy.net/student-loan-self-investment


ABOUT ME
タマ
【学費自腹で借金640万円】貧乏人が経済的自由を目指す | 30歳までに資産2,000万円 | 社会人1年目 | 23歳 | 一人暮らし | つみたてNISA | 投資信託 | 米国株 | ブログ | 奨学金