毎月の資産を大公開!

【経験談】指定校推薦でも理系大学で成績上位を狙い、大企業に就職する方法

大学
スポンサーリンク

ぽんこつぼーいタマです。

今回は、指定校推薦でも理系大学で成績上位を狙い、大企業に就職する方法というテーマで書いていきます。

この記事は指定校推薦で中堅理系大学に進学したタマが書いています。
また、指定校推薦の中でも普通科以外(工業、商業、情報等)の人に向けた記事になっています。


スポンサーリンク

この記事を書こうと思った背景

2020年1月8日から大学入試センター試験が始まり、ニュースでも取り上げられています。

受験生にとっては一番きつい期間でしょう。

一方、指定校推薦組はセンター試験を受ける必要がないので暇です。

私も高校3年生の今頃は普通に遊んでいました。

ほぼ100%で合格できる指定校推薦は非常に楽なわけです。

しかし、ネットで調べてみると指定校推薦で進学すると入学してからが大変だという情報がたくさんあります。

でもそれって本当なのでしょうか?

  • 指定校推薦でも成績上位は簡単に狙える!?
  • アルバイトで月10万円稼ぐ余裕がある!?
  • 大企業から内定もらえちゃう!?


私が指定校推薦で進学するまで

私は偏差値50前後の高校を卒業し、中堅理系大学の工学部に進学しました。

偏差値50なのでそんなに低いわけではありませんが、普通科ではないため理系科目はほとんどやっていません。

高卒認定試験の最低レベル程度です。

タマ
タマ

入学後の俺「微分ってそんなことできるの!?」


高校での成績は常に上位だったので、指定校推薦自体は簡単に取れました

指定校推薦で進学できる大学はどこでも選べる状態でしたが、そもそも中学までは理系の人間だったので現在通っている理系大学を選びました。

指定校推薦のメリット・デメリット

指定校推薦のメリット・デメリットについて簡単に触れておきます。

メリット

メリットは大きく3つあります。

  • ほぼ100%合格
  • 自分の偏差値よりも高い大学に行ける
  • 受験費用が安く済む


ほぼ100%合格

指定校推薦の最大の強みです。

人間的にやばいやつでない限り合格できると思います。

合格がほぼ約束されているものなので、受験勉強をしなくても大丈夫です。

タマ
タマ

試験や面接も楽勝!


自分の偏差値よりも高い大学に行ける

高校の成績さえ良ければ自分の学力以上の大学に行けます

私の高校の偏差値は50程度でしたが、指定校推薦で早稲田大学に行った友人(文系)もいます。

受験費用が安く済む

受験勉強をしなくて良いので、参考書を買ったり塾や予備校に通う必要がありません

また、一般入試での滑り止め受験も必要ないため、受験料や入学費のようなものもかかりません。

デメリット

デメリットは大きく2つあります。

  • 進学先の選択肢が少ない(自由度が低い)
  • 入学後に単位を取るのに苦労する


進学先の選択肢が少ない(自由度が低い)

指定校推薦は高校に提示されている大学・学部・学科にしか行けません

つまり、どれだけ指定校推薦を使って進学したいと思っても、その大学がなければ不可能です。

また、学部・学科も決まっているため、受験までに1つに絞り込まなければいけません。

入学後に単位を取るのに苦労する

これは後ほど詳しく書きますが、入学後に単位を取るのが大変だと言われています。

そもそも指定校推薦で楽に進学できるのは学力試験が免除されているからです。

なぜなら学力試験を受けても合格できないからです。

そのレベルの人間が入学した後にどうなるかは簡単に想像できますね。

指定校推薦で成績上位を狙う方法

指定校推薦で成績上位を狙う方法についてです。

 注意
以下の内容はあくまでも私の大学・学部・学科についてです。
全ての大学に該当するわけではありません。


「頭が良い=単位が取れる」ではない!

普通に考えると頭が良ければ単位が取れる、つまり頭が悪いと単位が取れないと思いますよね。

でもこれは間違いです。

正しくは、その授業を攻略した人が単位を取ることができるのです。

授業を攻略するとは

まず、評価方法は授業によって異なります。

  • テスト(中間・期末など)のみ
  • テスト + 小テスト
  • テスト + レポート
  • レポートのみ など


また、その内容や出題傾向も様々であり、過去問と同じ場合や全て新規のものであったりします。

これらを単体で考えると非常に厄介ですよね。

でもこれってどうやって単位を取ればいいのかがわかれば良いんです。

授業について知る

第一段階としてシラバスなどでその授業について知りましょう。

シラバスには担当教員名や講義の目的、各回の授業内容などが記載されています。

よって、シラバスを見ることで、授業の大まかな内容や評価方法を知ることができます。

必修科目の場合は受けるしかありませんが、選択科目の場合はシラバスを見てから受けるかどうかを判断できます。
(普通はそうするのだが)

傾向を知る

次の攻略する方法として、その授業や教授の傾向を知る必要があります。

例えばテストの出題内容です。

過去問と似たような問題を出す教授の場合、過去問さえ対策しておけば簡単に単位が取れる場合があります。

レポートの場合も、どのような課題が与えられているのかは参考にできます。

これらの情報はすでに受けている友人から聞いたり、ネット上で調べることで対策できます。

サークルなどに加入している場合は、同じ学科の先輩から聞くのも効果的です

過去問を使う

大学の試験において、過去問を使うのは非常に効果的です。

私の経験では、過去問さえやっておけば半分以上は確実に取れました

あえて過去問とは異なる内容を出題する教授もいますが、その場合も過去問の内容は出ないということで対策範囲が少なくなります。

これはレポートに関しても有効であり、過去のレポートを参考にしながらレポートを作成すれば簡単に単位が取れます。

  • どんな授業か事前に把握する
  • 友達から情報を得る
  • 過去問を参考にする


勉強しなくていいわけではない!

上記内容を見るといかにも楽して単位を取ろうとしていますが、これは勉強をしなくていいというわけではありません

あくまでも単位を取りやすくするための手段であり、勉強は必須です。

しかし、ここで重要なのは学力不足は他で補えるということです。

そもそも勉強しない人は指定校推薦に関係なく単位を落とします。

したがって、指定校推薦が問題なのではなく、結局のところその人自身の問題なんです。

タマ
タマ

元から頭が良くてもサボってたらさすがに落とすよ


指定校推薦組は学力面でハンデがある?

だったら勉強すればいいだけの話なんです。

でも授業が攻略できると勉強量をかなり減らせます

なので月10万円稼ぐくらいアルバイトを入れても余裕で単位が取れます。

簡単に言ってしまえば単位を取るために効率良く勉強するということです。

これだけで成績上位10%は簡単に狙えますし、実際に私がそうです。

指定校推薦で成績上位を狙う方法のまとめ

とりあえず勉強はしましょう。

勉強せずに単位を取ろうと考えている人はそもそも大学進学するべきではないです。

その上で、色々な方法を駆使して単位を勝ち取りましょう。

このとき、友達の存在は非常に大きいです。

上記に挙げたことを一人でやるのはとてもじゃないけど無理です。

私は、中退や留年をしてしまう人の一番の原因は友達がいないことだと思っています。

その逆に、バカでも友達がいればなんとかなるんです。

頑張って良い友達をたくさん作りましょうね。

  • まずは勉強する
  • 友達をたくさん作る
  • みんなで協力して単位を勝ち取る


指定校推薦組が大企業に就職する方法

ここまでは成績について書きましたが、次は就職についてです。

学力面でハンデがある指定校推薦組でも大企業に就職することは難しくありません。

指定校推薦なんて関係ない

まず、企業側に指定校推薦で入学したことはバレません

履歴書にそんな項目ないですから。

つまり、指定校推薦かどうかなんて全く関係なく、就活においては一般入試組と同じです。

しかし、出身高校や学科は履歴書に書かないといけませんから、そこを突かれる可能性はあります。

企業によっては出身高校も確認する場合があるようなので、そこで判断されてしまうと少々不利かもしれませんね。

でもこれは指定校推薦が問題なわけではありませんから、気にしたところでどうしようもありません。

それ以上に良い人間だと思ってもらえるように就活対策をしっかりやれば大丈夫です。

指定校推薦は関係ない!気にするな!


むしろ指定校推薦がプラスに働く場合も

企業側が指定校推薦についてどの程度理解しているかによりますが、逆に指定校推薦であることがプラスに働くこともあります。

”指定校推薦で成績上位を狙う方法”を実践し、実際に良い成績を得ていると「指定校推薦(普通科出身じゃないのに)なのに成績がいい!?」という印象を与えることができるかもしれません。

当然ながら全ての企業がそうだというわけではありません。

むしろ学校の成績なんて一切気にしない企業の方が多いでしょう。

あくまでもプラスに働く場合もあるというだけですが、大企業でも成績を見るところがあるので良いに越したことはないですね。

私の経験

とある大企業(業界で国内最大手)の面接で成績について突っ込まれました。

その際に推薦入学であることを明かしたところ、「推薦でこの成績なら君は努力家なんだね。」と言われ、そのまま内定を得ることができました。

それが合格する決め手になったわけではないと思いますが、少なくとも良い印象は与えられたことになります。


理系の強みを活かそう

指定校推薦組でも理系大学で過ごせばある程度理系人間になれます。

そのため、理系から文系職への就職も有効ですが、やはり理系職への就職が一番手堅いですね。


特に学科推薦教授推薦研究室推薦なんかもあり、大企業に就職できる手段がたくさんあります。

タマ
タマ

推薦で就職する場合はある程度の成績が求められるよ!ちゃんと勉強しておこう!


理系大学で学んでいるだけで就活に有利な状態を作り出せるのです。

私の大学は中堅の理系大学なので大してレベルの高い大学ではありません。

その程度の大学でも私の周りには有名な大企業へ就職した人がたくさんいるのです。

指定校推薦組が大企業に就職する方法のまとめ

指定校推薦組が大企業に就職する方法は理系大学でちゃんと勉強するってことなんです。

それプラスαで就活対策に有効なことを取り組みましょう。

勉強だけしている人はあまり魅力的ではないです。

なぜなら勉強するのは当たり前だから。

難しいことは何一つありません。

理系大学で理系大学生をやり、授業とは別に一生懸命取り組めることを見つければいいんです。

  • 指定校推薦だからといって特殊な対策が必要なわけではない
  • 勉強に限らず、様々なことに取り組んでみよう


まとめ

単位を落とす人、留年してしまう人、就活に失敗する人。

全て指定校推薦が原因ではなく、その人自身の問題です。

ちゃんとやれば良い成績は取れますし、良いところに就職できます。

「指定校推薦だから~」とか言って逃げているそこの君。

それは逃げる理由にはならないぞ。

タイトルとURLをコピーしました