毎月の資産を大公開!

【NG】大学生におすすめしない5つのこと

大学
スポンサーリンク

ぽんこつぼーいタマです。

今回は「大学生におすすめしない5つのこと」というテーマで書いていきます。

タマ
タマ

俺はおすすめしないからな!


スポンサーリンク

おすすめしないこと

私が大学生におすすめしない5つのことについて解説していきます。

~ 注意 ~
ここでの”おすすめしないこと”というのは「しないほうが良い」「する場合はちゃんと考えよう」という意味です。


時給の安いバイト

まずは、時給の安いバイトです。

大学生でお金を得るには、大抵の場合アルバイトをする必要があります。大学生の時給は地域によっても差がありますが、およそ最低賃金~1,200円くらいの間でしょうか。場合によっては2,000円を超えるものもあります。

地域的に仕方のないところはありますが、できる限り時給の安いバイトは避けましょう。

タマ
タマ

怪しいバイト、危険なバイトはダメだぞ!


時給の安いバイトを避けたほうが良い理由

一番の理由は消費した時間=時給だからです。どれだけ安いバイトをしようが、高いバイトをしようが、人生において消費する時間は全く同じです。

大学生という時間はとても貴重で、人生の夏休みなんて言われることがあります。これは単に休みが多いからではなく、それだけ自分の好きなことに時間を使えるという意味でもあります。しかし、そこで消費する1時間と今後の人生で消費する1時間はどちらも同じ長さです。

その貴重な時間を時給の安いバイトで消費したいですか?

自分の時間をお金に変えているという意識を持とう!


大学生がアルバイトで得られる一番の利益はお金です。

やりがいがある!経験を積める!そんなことは気にしなくて良いです。

なぜなら仕事として存在する以上、全てのアルバイトに意味があるからです。

それなら同じ1時間を消費するなら時給の高いバイトで消費したほうが断然良いです。さらに言えば、時給の高いバイトほどやりがいを感じられる傾向にあるでしょう。

そのバイト必要?

アルバイトでたくさん稼いで遊ぶのも良いでしょう。しかし、そのバイト必要でしょうか?

例えばアルバイトをする時間を資格取得に当ててみます。

1日4時間のアルバイトを週に3日やっていたと仮定します。

  • 1週間 :12時間
  • 1ヶ月 :48時間
  • 1年  :576時間
  • 2年  :1,152時間


これだけの時間があれば法律の国家資格である行政書士の資格が狙えてしまいます。なお、時給1,000円の場合、この2年間で得られる給料は約115万円ほどです。

それなら、その後の人生の収入を増やすことに時間を割いたほうが良さそうな感じがします。しかも、決して詰め込んで勉強しているわけではないですよね。

労働内容が変われば時給だけで比較するのは難しいかもしれません。しかし、今やっているアルバイト、これからやろうとしているアルバイトは果たして自分の人生を豊かにしてくれるだけの意味があるのでしょうか?

タマ
タマ

時給が発生するインターンシップなんかをおすすめするよ!


大学生としての1時間は未来の1時間の価値を大きくする力がある!


タバコ

次にタバコです。これは説明するまでもないかもしれませんがタバコはやめましょう。吸うメリットがなさすぎます。

特に収入の少ない大学生がお金を払ってまで健康を害するのは論外です。

「タバコを吸うとやる気が出る」
変わりません。むしろ吸わないとやる気が出ない体になります。

「気分が落ち着く」
タバコに依存しているだけです。

「喫煙者同士の会話が弾む」
喫煙者でなくても仲良くなれます。


友達の誘惑にも乗らない!


運動しない

大学生の中には全く運動せずに家にこもってしまう人がいますが、これはNGです。運動する習慣をつけましょう

運動するメリット

  • 健康増進
  • 体力向上
  • 睡眠の質向上
  • ストレス解消
  • 体型の維持 など


タマ
タマ

特に筋トレをおすすめする!ムキムキになって女の子からモテモテだ!


運動するデメリット

  • 疲労の蓄積
  • 怪我等


一時的なデメリットはあるものの、運動しないことによる将来的なデメリットのほうが大きい!


現金を使う

皆さんは普段の買い物で現金を使いますか?

それNGです。

現金を使ってはいけない理由

まず、知っておいてほしいことは現金を使うと基本的に損します

会計時の手間、管理の手間、各種手数料、ポイントが付与されない、ポイント還元が受けられない、など


大学生は収入が少ないのですから、収入が少ないときこそ賢くお金を使うべきです。

ではどうすれば良いかというと、今流行りのキャッシュレス決済を活用しましょう。

どのくらいの差が?

大学生であってもクレジットカードを作ることは簡単にできます。

ここでは1%還元(100円で1ポイント)のカードを例に考えてみます。

年間の支払額が50万円だった場合、

実質的な支払額

  • 現金       :50万円
  • クレジットカード :49万5千円(5,000ポイント獲得)


現金のみかクレジットカードのみの違いだけで5,000円もお金が浮きました。さらに言えば、会計時の手間や手数料、ポイント還元やキャンペーンによってもっと大きな差が生じることでしょう。

他にも電子マネーやスマホ決済アプリもあります。全てを使う必要はないので、自分の生活にあったものを選んでみましょう。

タマ
タマ

クレジットカードは最低でも1枚は持っておこう!個人的には楽天カードがおすすめ!



お金がないときこそ、お金の使い方を工夫すべし!


SNS

最後におすすめしないことはSNSです。SNSを使って楽しむのは良いのですが、最近では個人情報を晒す大学生が非常に多いです。自分は大丈夫だと思っていても、想像以上に簡単に個人が特定できてしまうんです。

SNSでの失敗例

1.悪ふざけを晒す

つい最近、「バイトテロ」なんてワードが流行りましたね。これはアルバイトが不適切動画をSNSに投稿し、炎上することです。そもそも悪ふざけ自体がいけないのですが、小さな悪ふざけでも世界中に公開すると予想以上に注目されてしまうことがあります。最悪の場合は民事・刑事的措置を取られる場合もあります。

2.SNSの投稿が原因で不採用に

個人情報を晒していると就職活動中に自分のアカウントが企業側にバレてしまうリスクがあります。このとき、過去の投稿内容により、採用が不利に働く場合があります。実際に不採用になってしまう人もいるので十分注意しましょう。

3.友達を失う

SNSは簡単に自分の言葉を発信できますが、そのせいで大切な存在を失ってしまうかもしれません。特に愚痴や悪口には注意しましょう。その情報、SNSで発信する必要ありますか?


SNSをやるなとは言いません。でも、SNSの性質は十分理解しましょう。

タマ
タマ

個人情報は絶対に晒すな!


私のおすすめは情報収集ツールとして活用することです。価値ある情報を発信してくれる方はたくさんいるので、そういった情報を集めるツールとしては非常に有効です。


個人情報を公にすることは自分の裸を晒しているものだと思え!


まとめ

大学生におすすめしない5つのことを紹介しました。

貴重な大学生活を有意義に過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました