投資

【時間外取引】米国株のプレマーケットを確認する方法

こんにちは、タマです。

皆さんは米国株のプレマーケット・アフターマーケットをどのように確認していますか?

今回は私のオススメも含めて5つの確認方法を紹介します。

MyStocks Portfolio & Widgetで確認

これは私が一番オススメする確認方法です。

MyStocks Portfolio & Widgetとは、iOSとAndroidの両方で提供されている株式のポートフォリオアプリで、こちらのツールを使って米国株の時間外取引の価格を確認することができます。

これについては別記事でまとめているので、もしよければ合わせて読んでください。

特徴

  • 米国株の時間外取引の価格がわかる
  • ポートフォリオの管理にも最適
  • 個別銘柄の詳細情報も見れる
  • 日本株にも対応

日本語非対応ですが視覚的にわかりやすいので英語が苦手な方でも使えると思います。

米国ヤフーファイナンスで確認

次の方法は米国のヤフーファイナンスで確認する方法です。

プレマーケット確認方法

まず、検索ボックスにティッカーシンボルや社名を入れて検索してください。

今回はPLUG(プラグパワー)を調べてみます。

その銘柄のページに行くと画像のような画面になると思います。その中で黒い枠で示したところがプレマーケットの価格となります。

今回の場合ですとプレマーケットで大きく下げていることがわかります。

CNBCで確認

3つ目の方法はCNBCで確認する方法です。

なお、CNBCに関してはアプリのほうが使いやすいので、今回はアプリ上で確認する方法を紹介します。

プレマーケットを確認する方法

インストールしたらアプリを開き、画面下部の「Watchlists」を選択します。

確認したい銘柄をWatchlistsに追加したら、画像の赤矢印で示した「EXTENDED HOURS」選択します。これで時間外取引の価格を確認ができるようになりました。

PLUGの価格を見ますと、ヤフーファイナンスの結果と同じになっていることがわかります。

Investing.comで確認

4つ目の方法はInvesting.comで確認する方法です。

株式関連のサイトではかなり有名なサイトですが、広告が多いので個人的にはあまり好きではありません。

こちらもCNBCと同様にアプリのほうが使いやすいのでアプリ上の画面を紹介します。

見ての通りInvesting.comは日本語化されているので初心者でも使いやすいと思います。ここではスクリーンショットで画面の一部を掲載していますが、無料で使う場合は画面のどこかしらには常に広告が表示されてしまいます。

moomooで確認

最後はmoomooで確認する方法です。

こちらは中国企業が提供している株式ツールです。

中国アプリということで少し不安になってしまうかもしれませんが、ユーザ数も爆発的に増えていて最近注目されているサービスの一つです。

moomoo運営会社のフツホールディングス(NASDAQ上場)はここ数ヶ月で株価が数倍に上昇しています。

私もまだ使い慣れていないので詳しく説明することはできませんが、画像のようにウォッチリストに入れた銘柄の時間外取引の価格を確認することができます。

これ以外にもアナリスト評価や財務情報などもこのアプリ一つで確認できるので、とても便利なツールです。

日本語化非対応ですがぜひ使ってみてください。

まとめ

今回は5つの確認方法を紹介しました。

  • MyStocks Portfolio & Widget
  • 米国ヤフーファイナンス
  • CNBC
  • Investing.com
  • moomoo

時間外取引の価格がわかると本市場が始まる前にその日の動きを把握することができます。特に決算発表は時間外に行われるため、決算シーズンの時間外取引の価格はチェックしておきたいですね。

人それぞれ使いやすさが異なると思うので、まずは実際に使ってみましょう!

ABOUT ME
タマ
【学費自腹で借金640万円】貧乏人が経済的自由を目指す | 30歳までに資産2,000万円 | 社会人2年目 | 23歳 | 一人暮らし | つみたてNISA | 投資信託 | 米国株 | ブログ | 奨学金